ホリエモンの多動力が凄い!特にフリーランスは実践したい生き方!

「サルのようにハマり、鳩のように飽きよ」
「電話をかけてくる人間とは仕事をするな」
「人生に目的なんてない」

などなど、ホリエモンこと堀江貴文氏のビジネス書「多動力」は、これからを楽しく生きるためのヒントがたくさん詰まっていました。

本の帯には、「何万の仕事を同時に動かす究極の力」とありますが、身一つで仕事するフリーランスには絶対必要な力だと思います。

私もフリーランスの一人ですが、自分の分身が何人もいればなぁってずっと思いつつも、結局一人でいっぱいいっぱいやる毎日。。。

これじゃダメだって心の中でずっと思ってたのに変えられなかった私ですが、多動力を読んで目が覚めました。

目が覚めてギラギラなうちに、多動力を読んで考えたことを自分への戒めも込めてまとめます。

3つの肩書きで自分の価値を1万倍に高めるには?

一つの仕事だけにとらわれず、肩書きを掛け算してレアキャラになることで価値が上がるということですが、まさに今活躍している人たちってそういう人が多いと思います。

芸能人が飲食店を経営するというのはよくありますが、これも「芸能人×経営者」という肩書きの掛け算ですし、そういう芸能人の方が息が長い印象はあります。

ホリエモンもR-1に出たり、ホリエモン祭りをやったり、メルマガ書いたり、本業がどれかわからないというか、どれも本業なんでしょうけどとにかく何でもやってますよね。

一つのことに1万時間取り組めば「100人に1人」の人材になれるとのことですが、私が1万時間取り組んできたことってなんだろう。

  • エレキギター:中学生の頃に始めたが、現在ギターはインテリアと化している。
  • 営業マン:国内営業4年、海外営業3年、これは肩書きと言ってよさそう。
  • 中国語:1万時間もやってないかもしれないが、100人に1人には絶対なってる。
  • 英語:仕事でも使っていたが、話せる人も多いので100人に1人とは言えないか。
  • アフィリエイト:今の本業だが1万時間には未到達。実績もまだまだ。

というわけで、私に無理やり3つの肩書きを付けるなら、「ギターが弾けて中国語が話せる営業マン」といったところでしょうか。

確かに営業マン時代の経験は、何をするにも活かせることが多いので掛け算になります。

ギターは全然弾いてませんが、音楽好きというところから派生してカラオケネタが多いので、飲み会で爪あとを残すのに役立っています(笑)

中国語は今の生活でまったく役立ってませんが、レア度は一番高いと思うので、何か活かしたいなとは思っています。

越境ECとか、旅してブログ書くとか、一番やりたいことはこれかも?

「多動力」の出番が来ましたね。

サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

私がまさに、サルのようにハマって鳩のように飽きる性格で、次から次へと目移りしてしまう性格を悩んでいました。

でも、ホリエモンもハマっては飽きるを繰り返しているそうじゃないですか。

もちろん「ハマる」レベルが全然違うんでしょうけど、かなり救われた気になりました。

中学生の頃に始めたギターを今まったく弾かないのも、結局は飽きてるんだと思います。

そして今は家庭菜園にハマっていて、ちょっと水をやるだけのつもりで庭に出たまま、一日中農作業してしまうということがしばしばあります。

本気で農家に弟子入りしようかと思うほど今ハマっているのですが、これもやっぱり鳩のように飽きる日が来るのでしょうか。

いずれにしても、今後は1万時間ハマって自分の肩書きにする、ということを意識して取り組もうと思います。

電話をかけてくる人間とは仕事をするな

これは実践するのがなかなか難しいですが、「電話に出ないキャラ」はぜひ確立したいですね。

営業マン時代、24時間365日、電話には必ず出ろと言われて会社携帯を持たされていましたが、夜中や休日にかかってくる電話って本当に不快でした。

本当にその時必要な電話ならいいのですが、たいていは今やらなくても済むことで、休日の気分が台無しになるだけで、まさに百害あって一利なしでした。

営業マン時代に比べると、今は電話の数自体がかなり少ないですが、私も基本的に電話には出ないようにしています。

折り返しもせず、2~3回かかってきたらLINEで用件を聞きます。

そうすると、だいたいはLINEだけで済みます。

最初からLINEで連絡くれればいいのにって思います。

こんなこと言うと、電話に出ないなんて非常識という声が聞こえてきそうですが、もちろん全部の電話に出ないわけではありません。

ホリエモンも本の中で書いてますが、「悪気なく電話を鳴らしてくるような人とは一緒に仕事をしたくない」ということです。

良識ある人なら、電話は相手の時間を奪う行為であるってことはわかりますよね。

「今お時間よろしいでしょうか?」という一言も添えられない人とは、私もあまり仕事したくないですね。

人生に目的なんてない

「多動力」のラストのメッセージですが、「今を楽しむことだけがすべて」という言葉にハッとさせられました。

ホリエモンは、何か目的があって動くのではなく、「おもしろいから」「楽しいから」で動いているそうです。

私は今、完全に目的がないと動かない人間になってしまっていることに気づきました。

フリーランスになってから、何かいい話が聞けるかもしれないとか思って、交流会などに参加することは増えましたが、友だちと飲む機会はかなり減りました。

自分からは飲みに誘わない、飲みに誘われてもなるべく行かないようにしていました。

目的もなく友だちとただ楽しく飲むのが、無駄な時間だと思っていたからです。

私は何をするにも目的を求めてしまっていましたが、それでは何をしても楽しくないし、実際いい影響はまったくありません。

今後は目的次第ではなく、楽しいかどうかを基準に動こうと思いました。

「多動力」を発揮するために

最後に、「多動力」を発揮するために必要な考え方の中でも、特に今後活かしていきたいことをまとめました。

  • 全部自分でやろうとしない。
  • 「完璧」よりも「完了」を目指す。
  • 自分の時間を大事にする。他人に時間を奪わせない。
  • 仕事の「速度」よりも「リズム」が大切。メールやLINEは即レス。
  • 本音で生きて、ストレスを溜めない。
  • 他人の目を気にしない。誰も自分に興味はない。
  • できるかどうかを考えるより先に手をあげる。
  • 過去の積み重ねに縛られず、やりたいことをやる。
  • 今を楽しむことだけがすべて。

私のようなフリーランスが安定して収入を得るためには、色々な収入減を持っておくことが大事だと思います。

そのためには、やはり多動力を身につけて、いくつもの仕事を同時進行させる必要があります。

いきなりホリエモンのようにはなれなくても、多動力を実践してとにかく今を楽しく生きていこうと思います。