ロシア美女から「あなたにお金を払う」と言われて250ドルを稼いだ話

「私たちはあなたのブログと協力したいです。あなたにお金を払う。興味がありますか?」

フェイスブックで突然、めちゃくちゃ怪しいメッセージが届いた。
ロシア語だろうか。差出人の名前には、アルファベットのように見えて、アルファベットではない文字が使われている。
プロフィールの写真は、透明感のある白い肌に青い目、少し青みがかかった銀髪の美しい女性。
ファイナルファンタジーに出てきそうな美女である。

興味ある。めちゃくちゃ興味ある。
普通に暮らしていれば絶対に知り合うことのないロシア美女が、アフィリエイターというこれまた怪しい職業の日本人に、「あなたにお金を払う」と言うのだから。

でも、これは絶対に返信してはいけないやつだ。
「お金をきちんと送金したいので」とか言って、クレジットカード情報や個人情報をフィッシングされるに違いない。
1日5分で月収100万円、寝ながら稼げる、秒速で1億円稼ぐ男・・・・・・。
今まで何度騙されてきたことか。
アフィリエイターをなめるな。
「詐欺なのか、詐欺じゃないのか」を見極める力は人一倍ある。

「お問い合わせ頂きありがとうございます。協力とは、具体的にどのようなことでしょうか?」

僕は秒で返信していた。
返信してから、「あっ、これは絶対に返信してはいけないやつだった」と思った。
いや、正直に言うとそれも嘘だ。
ロシア美女から「あなたにお金を払う」と言われた時点で、僕の気持ちはとても高揚していた。
今まで何度も騙されてきた男だ。
僕をなめるな。
2度あることは3度ある。3度あることは何度でもある。

僕がもし、キノコ狩りを趣味としていたら、確実にもう死んでいることだろう。
山で見たこともないキノコを見つけたら、僕は間違いなく食べる。
「これは食べられるキノコかな。毒キノコかな。まあ、毒キノコだったとしてもいいか」
そんなノリで食べる。

今回もそんな感じ。
ロシア美女が、僕にお金を払いたいと言っているのだ。
もしお金をもらえなかったとしても、今のところは僕が損する要素はない
「返信しなかったら、僕はそのことを一生後悔する」
そう思った。

返事はすぐに来た。

「私たちはIT会社です。自分のサービスがあります。今、私たちは日本インターネットに自分サービスを見せたい。あなたのブログにも記事を発行したい。それは出来ますか? もちろん、私たちはあなたにお金を払う」

なんと! またも「あなたにお金を払う」との文言が!
僕は確信した。「これは毒キノコではない」と。
今まで「お金を稼げる」と言われて1円も稼げなかったことはあるが、「お金を払う」と言われて1円も支払われなかったことはない。たぶん。
「あなたにお金を払う」と2回も言う人が、お金を払わないことなんて絶対にあるわけがない。
アフィリエイターの僕をなめるな。
「お金を払う」という文言に対する免疫はゼロだ。

ただ、「私たち」というのが気がかりだった。
相手はもう、ファイナルファンタジーに出てきそうなロシア美女ではなく、ロシアのIT企業となってしまったのだ。
ロシア美女から「お金を払うから協力してほしい」と言われるのと、ロシアのIT企業から「金を払うから協力しろ」と言われるのとは全然違う。
「自分のサービス」とは、一体何なのだろうか。
もしここで断ったら、僕はどうなってしまうのだろうか。
もう既に僕の身元はばれていて、KGBに監視されているのかもしれない。
誰にも会わず、誰とも話さず、1日中パソコンにしがみついている僕にとって、「ロシアのIT企業」はパワーワード過ぎる。

「知らず知らずのうちにロシアの国家機密に触れてしまい、訳も分からずに命を狙われている自分」というしょぼい妄想をしていると、「サービスのウェブサイトこちらです」と、URLが送られてきた。
「この先はウイルスかもしれないし、フィッシング詐欺かもしれない・・・・・・」
なんてことは1ミリしか考えないのが僕だ。「危機管理能力が全くない」とよく言われる。

リンク先は、日本語のサイトだった。
あるITサービスを提供していて、それを日本に売り込みたいのだと言う。
そのために、僕のブログで記事を書いて、サービスを紹介してほしいとのこと。

お安い御用である。
「あなたの価格は何ですか?」と聞かれたので、「50,000円です」と強気に答えたら、「これは約440ドルですか? 250ドルはどうですか?」と強気に値切られた。
それでもかなりいい条件だ。
お金になるかどうかわからない記事を、ひたすら書き続けるのがアフィリエイターの仕事。
記事を書くだけでお金を頂けるなんて、これほどありがたいことはない。

記事は丁寧に書き上げた。
250ドル以上の仕事は十分したと思う。
「記事を公開致しました」と連絡すると、「はい、どこへお金を送りますか」と秒で返事が来た。
PayPalのアカウントを送ると、その日のうちに250ドルを送金して頂けた。

ほら、僕が思った通り、毒キノコではなかった。
アフィリエイターをなめるな。
「詐欺なのか、詐欺じゃないのか」を見極める力は人一倍あるのだ。